イタリアを駆け抜けて vol.1 〜アルベロベッロ〜

イタリアを駆け抜けて vol.1 〜アルベロベッロ〜

アルベロベッロ

イタリア南部プッリャ州にある、人口1万1000人くらいの街アルベロベッロ。

バーリ空港から車で1時間弱、電車だと2時間ちょっとのところにある。

トゥルッリと呼ばれる石を積み重ねた円錐形の、おとぎ話に出てきそうな家が立ち並んでいる。単体だとトゥルッロ。

白い部分は漆喰で固め、屋根の部分は内側のみ漆喰が塗ってある。どちらにしろ漆喰で固めただけなので、解体、再建が簡単な形状をしている。

大体5、6くらいのトゥルッロを利用して家やレストラン、商店となっている。

なぜ、このような形状なのか?それは重い税金から逃れる為で、資産の調査が入った時などすぐに取り壊せるようになっていた。今は街の一部、アイア・ピッコラ地区(1030件)、モンテ地区(590件)が世界遺産に認定され、その地区内の家の修理は申請制になり、簡単に壊すどころか修理するのに1年近くかかるようになったのは皮肉なものである。

トゥルッリのある地区は起伏が多く、坂道や階段がだくさん。
細い道とあいまって迷路のよう。

屋根に描いてある図柄はおまじないの一種。屋根の最先端に乗っている飾りは家族毎に違うそう。

街の中心にある教会
オベリスク
市庁舎
トゥルッリのある地区からホテルへ

アルベロベッロ自体は広くない。買い物などしなければ1時間くらいで散策できるくらい。
バスに乗り、一路マテーラへ。